--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

09.13

なつかしい少女漫画

もう10年以上前になりますが、マーガレットという
少女コミック雑誌を読んでいました。
長期連載までになった人気漫画「花より男子」、
連載当時から3年くらい読んでいました。
あまりの人気ぶりに、台湾では2001年にドラマにまでなったようですね。
「流星学園」
実際に観てないのでわからないけど、タイトルは台湾風でも
登場人物は日本名そのまま?
日本でもこの秋、TBS系で待望のドラマ化
んがっ。
先にドラマ化した中華圏製作サイドは、今回の日本でのドラマ化で
F4演じるそれぞれの役者について酷評を出したとか。
台湾でブレイクしたF4とは、イメージがかけ離れているらしい。
はぁ??←摩邪風でおながいしますw
私から言わせれば、その台湾のF4とやらの方が、原作コミックのF4のイメージとかけ離れているんですけど~?
特に長髪の二人、ありえねーだろ。
そもそも、台湾版F4をオリジナルとでも勘違いしているような
台湾らしい思想、なんとかならんのか。


で、懐かしくてコミックを読み返すことにしました。
連載は途中までしか読んでなかったし、
ラストも気になったので(今までは無関心だったのが、なぜ?)

花より男子完全版として、リメイクされていました。
ただいま、完全版vol.7まで読みました。

10年ぶりくらいに読んだけど、新鮮でしたよ。
あの頃、せつない主人公の思いに共感してキュンがムネムネ・・
胸キュン♪となってたのですが、読み返した今もまだまだキュン♪

私は花沢類ファンなので、つくしには最初の恋を成就して欲しかったけど、よく考えると釣り合わない二人・・・
道明寺はね~、こんな奴実際にいたらどうなんだろう。
道明寺の存在も私的にはありえない~。

続きが楽しみです♪
読んでる人、いるかな?
スポンサーサイト

つぶやきトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。